CONNECT.
IMPROVE.

PLAY VIDEO
ALL CONNECT EQUIPMENT PLAY IMPROVE

ツアーレベルのショット追跡

COBRA CONNECT のみツアーレベルのショット追跡、コネクトとゲーム向上に繋がる

COBRA CONNECT とは?

コネクト。追跡。向上する。

どのくらい簡単か?

クラブをコネクトし、携帯をポケットに入れ、より良いショットを打つ。

データ活用してスマートにプレー?

オンコースでのプレーとクラブ統計はゴルフのプレーを向上させる。

上手くプレーしてるのか把握している

ゲームに確信を持つこと。

自分ではない・・・ロフトが原因

コースにいく時は、ベストクラブを持っていくこと。

正しいセットの作り方

コースでプレーする時は、ベストクラブを持っていく。

弱みを改善

弱みを把握し、改善・上達しよう

データを活用、スマートに練習

練習が必要な項目をする。

シンプルに – リッキー・ファウラー

チッピングをより難しくしないこと。クラブのロフトに任せること、シンプルに練習を始める。

ゲームで3-5のストロークを探す

ARCCOS 360 はずっとキャディする。どのクラブでどの場面で打つのか。ストロークを減らす。

ショートグラスを探す

アプリでドライバーがスライスと記録してたら、左にターゲットしてフェアウェイにのせ、スコアを減らそう。

グリーンに乗せる

良いチップショットを打ち、2度打たないようにグリーンに乗せる。

正しいクラブを使う

正しいクラブを取り、ホールの近くまで打って、スコアを低くする。

リッキーからウェッジのアドバイス

COBRA CONNECT でウェッジの距離を知り、グリーンにのせ、スコアを低くする。

15 feet = 3ストローク

1年間 ARCCOS 360 を使用してから、ゴルファーは平均 15 feet ホールの近くまで打っている。

リッキーは88点取った理由を知っている

ゲーム、ギャップやクラブを把握する事で、スコアを低くする。

真実は一つ

実際の距離を知る事で、何にサポートが必要なのか分かる。

オンコースデータ

ローンチモニターとオンコースデータに大きな違いがある。

自分らしく、楽しくプレー

何をしているのか把握している、そのショットを打て、一貫性をもって、もっと楽しくゴルフしよう.

一般ゴルファーにとってのゲームチェンジャー

一般ゴルファー SHOTLINK の様なデータを使う、それがゲームチェンジャー

ホームフィールドアドバンテージがある

自分の各クラブのデータがある事で、アドバンテージがある。

もっとフェアウェイに打つ

リッキーの事実:ツアーでフェアウェイに打つのは 50% いい結果につなぐ。

リッキーはフェアウェイ探すのか

絶対にフェアウェイに打つ必要の場合は、何をするのか?

リッキーのパワームーブ

より強く打つリッキーの考え事・・・けれど、フェースの真ん中に打つ。

自分らしく・・・より良く

自分の力でプレーし、それに応じてクラブを調整する。

どうやってコネクトして、改善するのか

COBRA Connect とは?どうやって使うのか?何が出来るのか?どうスキルを向上するのか?