KING F9 DRIVER
WHAT IS IT
SPEEDBACK Technologyはエンジニアリングにおける革命的な進歩です。
空力形状と低重心をバランス良く組み合わせた革新的なヘッド形状がクラブヘッドスピードとボール初速を最大限に導き大きな飛距離を実現します。
WHO ITS FOR

2種類のロフト(9.0°、10.5°)と8箇所のポジションで調整可能な可変ロフトと ソールに配置した、
脱着可能なウエイトを調整することで幅広いプレイヤーに 適応します。
WHY WE MADE IT
Cobraのエンジニアは、現在のドライバーデザインに至るまで、全ての問題を克服し完成させました。
空力特性を最大限に引き出すために、SPEEDBACK™ Technologyはドライバーエンジニアリングの進歩により空力特性が備わった形状で低重心を実現しました。更にCOBRA独自のフェ-ス製造技術である“CNCミルドフェース”を採用し、これまでのクラブと比べ、より速く、大きな飛距離を実現可能にします。
我こそは最速のドライバーフェースだと主張するゴルフ業界においてコブラのドライバーフェースだけが、CNCにより精密に削り出された唯一のフェースです。
最適なパフォーマンスを実現するためには精密な製造プロセスが重要です。
従来の5倍の手間をかけ磨いたCNC(コンピューター制御)加工のドライバーはCOBRAにおいて最も薄く優れたフェースであることをお約束します。

精密で正確な加工
CNCミルド加工は厚さと湾曲をより精密に仕上げ耐久性に優れたものとなっています。
正確なコントロールと一貫したパフォーマンスを実現します。

業界をリードする最先端のテクノロジー
CNCミルド加工は、完成までに2年半を要した業界をリードする最先端のテクノロジーです。COBRAは、ドライバーとフェアウエーのフェースにCNCミルド加工を採用とする唯一のクラブメーカーです。

薄いフェース厚で 速いボール初速を実現
CNCミルド加工は一般的な仕上げ方法である手磨きによる仕上げと比較し、より正確なフェースの厚さの設計が可能です。我々の望む、より薄くて速いボール初速を生み出すフェースデザインも可能なのです。
デュアルロールは打ち出し角の高低やスピン量の大小といったミスショットの影響を最小限に抑え込み、ドライビングディスタンスを安定させます。
フェースの上半分と下半分にそれぞれのドライバーのロフト角によって最適化された湾曲があり、さまざまなスイングスピードやヒットポジションに対応して、
理想的な打ち出し角やスピン量を実現します。
デュアルロールテクノロジー

デュアルロールは打ち出し角の高低やスピン量の大小といったミスショットの影響を最小限に抑え込み、ドライビングディスタンスを向上させます。
フェースの上半分と下半分に、それぞれのドライバーのロフト角によって最適化された湾曲があり、さまざまなスイングスピードやヒットポジションに対応して 理想的な打ち出し角やスピン量を実現します。

① トップロール
フェースの上半分(黄色い部分)は、下半分(赤い部分)よりも大きなカーブを特徴とし、
フェースセンターより上で打たれたショット時に余計なスピン量を減らしながら、高い打ち出し角を促進し、安定した飛距離をもたらします。

② 斜めに設計したフェースセンター軸
スイング中に発生するトゥーダウン現象の量を考慮し、フェースセンターの軸を7°傾斜させています。

③ ボトムロール
フェース下半分(赤い部分)のロールは、各ドライバーヘッドのロフトを最適化し(9.0°10.5°)、センターラインより下でヒットしたミスショットでも飛距離ロスを軽減します。
E9とDual Rollテクノロジーを、それぞれのドライバーのロフト角に合わせて最適化するとともに、CNCの削り出しによって バルジとロールに精密な曲面を施すことでオフセッターヒット時の正確性や飛距離性能を向上させています。
 
COMPLETE YOUR SET WITH ADDITIONAL SENSORS
COBRAのエンジニアは常にその限界まで革新を押し進め、ボディ周りまでカーボンファイバーで包み込んだ世界初のカーボンラップクラウンデザインを実現。チタンクラウンドライバーと比較して 10G軽減化され、カーボンファーバーエリアも12%拡大されています。

 
TUNE YOUR BALL FLIGHT.
KINGR F9 SPEEDBACK™ドライバーは、プレイヤー自身が弾道を微調整し、飛距離を最大化するスタートショットを可能にする可動式重力(CG)と中央の調整可能なMy Flyロフトテクノロジー機能が特徴です。